~ 犬グッズからグルメまで ~ 気になるものをご紹介 ~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11149313_850899558315728_531661427435876165_n.jpg

私達の可愛い可愛い愛犬ゼファーが
先週の4/10金曜の早朝、亡くなりました。

実は、昨年の11月末に
酷い咳が気になり、レントゲンをとった際、
肺は老化の範囲だけれども、
脾臓の腫れが癌の可能性が高いと言われていました。

手術しても、癌であれば余命1〜2ヶ月
良性の腫瘍だとしても、大きくなって破裂、出血による死亡の可能性が高いと言われました。

13歳という高齢と、ゼファーの分離不安の性格からして、
手術をするほうが負担だと判断して、
経過観察を選びました。

それから、5ヶ月弱。
ゼファー、13歳と10ヶ月。

よく頑張ってくれました。

1月末に倒れて半日動けなかった時も、
翌日、さらに翌日と不調でしたが、
その時はおそらく出血したが止まったのでしょうと。

2月、3月と、貧血も進み、
炎症反応もあったので、
悪性か良性か分かりませんが、
体型からしても、
お腹がどんどん大きくなって、
腫瘍が大きくなっていたのは
目にも明らかでした。

手作りごはんを残すようになったのは、約1ヶ月前

飲み込みにくい様で、
液状のドロドロご飯より、固形を好むようだったので
ハンバーグ状にしたり、
ステーキを焼いたり、

それより、
体に悪そうな缶詰や、
お散歩に持ち歩いてたジャーキーしか食べなかったり、

一つ前の桜の花見では、
マクドナルドのポテトと(塩は舐めてから)ナゲットを食べてくれましたが、
その日はそれで終わりだったり。

最後まで飲んでくれたのは、
2つ前の記事の高濃度ミネラルを甘いホットミルクにしたものでした。

しかし、それを吐いてから、
水も飲んでは吐くように・・・。

4/8に朝、また倒れて午後から寝たきりになりましたが、
その日はそこまで心配せずに休みました。

翌朝、まったく立ち上がれず、寝返りもうてず、
水も飲んだら飲んだだけ吐いてしまい、
休診日にもかかわらず、
かかっている病院にメッセージを残したら折り返し電話をくださって、

おそらく、腫瘍からの出血による低血圧、貧血で動けないのだろうと。
点滴をするにも、動かさないほうがいいので、
往診してくれるところを探すように言われました。

近所でかかっている病院も同じく木曜は休診日、
翌日往診をお願いしようということで、
寝室にベッドごとゼファーを運んだ時点で、意識は無かったように思います。

それまでは、
私や夫の顔を見て、一生懸命何かを訴えてたのは、
しんどかったのだと思いますが、お別れを言っていたのかもしれません。

翌4/10早朝、あまりに呼吸がおかしいので、
横のベッドで私は様子を見ていたのですが、
どんどん、呼吸がおかしくなってきたので夫を起こし、
そこから、二人の見守る中、呼吸が減っていき、
夫の「ゼファー、ありがとう!」の言葉で逝ってしまったように思います。

翌日見ると、
その10分後に寝室の時計が止まっていました。

私達が、ありがとう、ありがとう、と感謝の言葉と悲しみにくれている間、
ゼファーは、ちゃんと聞こえていたんだよ、と教えてくれていたのだと思います。



病院の先生には、
癌からの出血による血圧低下で亡くなったと思うので、
苦しまずに逝ったと思いますよと言って頂きました。

でも、遺骨では、胸骨も黒く傷んでいたので、
肺にも転移があったのではと思います。
最後、意識は無かった様でしたが、呼吸は苦しそうでしたから。

それでも、
寝込んだのはたったの2日。

でも、心の準備には、数ヶ月かけさせてくれて、
本当に親思いの優しい子でした。

ゼファーが急に体調を落としてから亡くなった後までの約一週間、
夫婦ともに、仕事がつまっておらず、
介護もふたりで出来て、
最後も一緒に見送ることが出来て、
本当に幸せな最後だったと思います。

ゼファーと暮らして、
たくさんのご縁をつないでもらって、
そして、たくさんのお友達ワンコを見送って、

ゼファーも、とうとうそのお空組の仲間になってしまいました。

でも、私達は、またゼファーは戻ってきてくれると信じています。

たくさんの方に可愛がって頂き、
本当にありがとうございます。

ゼファーは幸せな生涯を送れたと思います。
楽しい時間をありがとう、ありがとう、ありがとう。

11078169_850898978315786_9183554324403599065_n.jpg

スポンサーサイト
今年もゼファーと花見に行ってきました(*^_^*)

また、こうして桜の道を一緒に歩けて嬉しいですね〜

201504062.jpg

でも、今年は足腰が不安なゼファーなので
お友達から老犬用介護カートを借りてきました\(^∇^)/

行きは、あまり乗りたがらず、ほとんど自分で歩きましたが、ちょっと遠くまで花見に行きたかったので、途中からは乗っていただきました〜

するとですね、帰りはなんと、楽ちんなのがわかったのか、トイレを終えて乗せられると・・・・・

なんと玄関内まで下りませんでした(≧∇≦)

20150406.jpg

しばらく、まったりした後、下りてくれたので片付けました〜

ここ最近は、歩きたがるのですけど、途中で電池が切れて寝転んでしまうので、カートがあれば乗せて帰ってこれます(*^_^*)

まぁ、私一人では乗り降りが大変なので、ふたりで出かけるときかなぁ。

ゼファーが下りて歩いている時に、カートを押せなくは無いですが、拾い食いチェックが出来ないのでひとりでは無理!

また、これでもう一回ぐらい花見に行けるといいね。

今週は、お天気が悪いようなので、桜も散ってしまうかな〜〜〜

 
 
カート、しばらくお借りします(^人^)ありがとう〜〜

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。